鹿肉につきまして。 


鹿肉は高タンパク低カロリー食品として近年、ダイエットや美容に気をつかう女性の間で注目されており、減量期のスポーツ選手が利用するなど非常に優れた食品です。
(タンパク質は牛肉の2倍、脂質は20分の1、その他鉄分や脂肪を分解する成分を多く含んでいます。)

日本でもかつて鹿肉は一般的に食されてきました。
しかし明治時代、欧米からの牛や豚等の普及とともに生産効率の悪い野生の食肉は段々と姿を消していきました。
その結果、日本の野山には鹿、猪が繁殖しすぎ農作物への被害や山林が育たないことが問題となっています。

いま、世界中で食糧難が騒がれています。しかし一方で増えすぎて困っている人たちもいるのです。
限りある資源、今こそ見直す時なのではないでしょうか。

鹿やイノシシと聞くと初めてのお客様は獣臭いのではと心配される方もおられますが、気になる味につきましては主観にはなってしまいますが、脂肪分が少ない為か牛や豚よりも癖や匂いは少ないと私は思います。
熟成の工程を省く事も理由だと思います。

勿論、牛肉には牛肉の味、豚肉には豚肉の味とあるように、鹿肉を食べて牛の味とはいきませんが・・

それと煮込み料理にはあまり適さないと思います。
繰り返しにはなりますが、脂肪分が少ない為、加熱しすぎるとどうしてもパサパサした食感になってしまいます。
ステーキで召しあがる時はミディアムレアまでとさせて頂きたいものです。

今まで一度も鹿肉を召しあがったことのない方や、過去に召し上がってあまり美味しくなかったと思われた方、ぜひ一度 夢心亭の鹿肉ステーキをご賞味くださいませ。
新鮮さが違います。

事前に御予約を頂けましたらとれたての物をご用意させていただきます。
そのときにはぜひ、「焼き方はレア、もしくはミディアムレア」とどちらかでお伝えくださいませ。


  とうふ料理 夢心亭 料理長より


 


            
copyright (C) 2007 Mushintei All rights reserved.